カード現金化のCGKでは来店・審査不要で現金化できる事を強くアピールしています。

ネット型の現金化業者はネット営業が主体なので来店する必要も無く、借り入れでも無いので審査する必要性もないのですが、意外と知らない人も多いです。

しかし、カード現金化のCGKでは「審査不要」「借り入れではない」「信用情報機関に履歴が残らない」と借り入れではない事を強くアピールしており、初心者でも利用しやすい環境は作られています。

他にもこのお店ならではの物はアピールされており、利用しやすさを維持しつつ他社との差別化も図っています。

カード現金化のCGKはここが優れている!他社にはない強みとは?

カード現金化のCGKでは換金率UPのキャンペーンが用意されているのが特徴です。

用意されていると言っても20万円以上の利用者が対象と少々条件は厳しいですが、20万円以上であれば利用回数関係なく適用してくれます。

また、現金化の際に使えるクレジットカードも多いのも特徴として挙げられます。

VISAやJCB等国際ブランド付きのクレジットカードは多数ありますが、日本国内で発行されたカードであれば殆どのブランドはOKとしています。

個人向けのクレジットカード以外にも法人向けの法人カードも使えるので、法人での利用もカード現金化のCGKなら簡単です。

カード現金化のCGKは1万円からでも90%以上で現金化が可能!?

カード現金化のCGKでは1万円からでもできるかのように換金率が表記されていますが、実際は3万円からの現金化で対応しています。

現在の換金率は以下の内容で行われます。

1~30万|91%~
31~60万|93%~
61~90万|95%~
90万~ASK|98%

3万円からの現金化でも約27,300円は用意してもらえるので、他社に比べて高換金率と言えます。

しかし、注意点として手数料には気をつけないといけません。

HPには手数料に関する記述は見当たりませんが、書かれていないからと言って無い訳でもありません。

少なくとも入金の際に発生する振込手数料は手数料として請求される可能性は高く、手数料による減額も考慮すると実際の換金率は約80%前後と言えるでしょう。

カード現金化のCGKはネット申込みで手続きは全て完了するので難しくない!

カード現金化のCGKではWEB申込みと電話申込みの両方に対応しているので好きな方法で現金化は申し込みできます。

しかし、電話とWEBで切り替える必要が無くて手続きがスムーズにできる事を考えればWEB申込みの方がオススメです。

WEB申込みからだとHP内の申込みフォームから手続きを行います。

利用回数
氏名
性別
携帯番号
メールアドレス
カード名義
希望金額
備考(ある場合)

全て入力したら送信、後は折返しで連絡が入ります。

その際には内容確認と共に本人確認も入るので顔写真付きの身分証は用意しておきましょう。

まら、提示した金額等に納得できずにキャンセル希望となっても、この間までしか行えません。

キャンセルする可能性もあるなら、折返しの連絡までに結論は出しておきましょう。

内容確認も完了したら現金化手続きへと入ります。

手続きと言っても指定商品をお手持ちのクレジットカードで購入するだけと非常に簡単です。

購入確認も取れたら指定口座へと入金されます。

入金された現金が口座反映されていれば現金化は終了です。

対応時間はWEBと電話で違う?土日祝でも即時入金は可能なのか?

カード現金化のCGKは年中無休営業ではありますが、営業時間周りに関しては少々複雑です。

営業時間は9~19時までなのですが、電話とWEBで営業日も違います。

電話の場合は平日のみ受け付け対応となっているので、土日祝では対応していません。

WEBの場合だと9~19時までなら平日・土日祝問わず即日現金化及び問い合わせにも対応しています。

営業時間は他社に比べると少々短いですが、土日祝でもWEBだけに絞れば即日現金化には対応しているので、電話に拘らなければWEBのがオススメです。

入金に関しても営業時間内の申込みであれば平日15時以降や土日祝の利用であっても即日入金はしてくれます。

口座指定も無いのでお手持ちのをそのまま使えますが、即時入金で即日受け取りを希望ならネットバンクが推奨されています。

カード現金化のCGKはサービス説明の情報整理が注意点とも言える!

カード現金化のCGKの場合にも注意点はあります。

その注意点は「紹介されているサービス説明の情報整理が必須」と言う所です。

例えば、換金率は1万円からを基準に決められているので1万円からできる印象がありますが、実際は申込みページにて最低お引取り金額は3万円と紹介されています。

他にも家族カードや法人カードの利用もできるけど実際は本人名義のカードのみ、デビットカード・プリペイドカード・バーチャルカードは使用不可と情報整理ができていない部分も目立ちます。

書いてある場所が違うだけならまだしも、同じページ内で同じサービスに関する説明が食い違っていると却って混乱を招く恐れも高くなります。

説明を読んだ上で情報を纏めてからの利用、もしくは営業時間内に気になる点だけ先に問い合わせて回答を得てから情報整理の利用じゃないとトラブルに合う可能性も高くなります。

カード現金化のCGK利用者の口コミは賛否両論?人を選ぶ感じが見られる?

「換金率は悪くないですね。91%で現金化できるのであれば他社よりはお得です。残念なのは手数料があるぐらいですけど、それでも80%はあるので許せますね。」

「営業時間が19時までの営業はちょっと短いですね。せめて20時ぐらいまでは営業して欲しいです。それ以上に電話対応は平日しかできないのは解せないのですが…」

「使えるクレジットカードが多いので安心です。日本国内で作られたカードなら大体の物はできるんじゃないでしょうか?対応カードが多いのは有り難いですね。」

「換金率アップのキャンペーンがあるのは有り難いのですが、20万円以上は敷居が高いですね。上がると言っても3%程なので、嬉しいけど割に合うかな?と微妙な感じです。」

「ちょっと情報がごちゃごちゃしていて分かりづらいですね。情報が整理されていない感じです。一度纏めて頂けたら助かるのですが…」

カード現金化のCGKは情報整理ができて大金での現金化希望者向けと言える

最低でも3万円からの申込みと少額現金化希望者からすると敷居の高さは目立ちますが、換金率の高さに関しては他社と比較しても高いと言えます。

特に20万円以上からなら換金率の高さに加えて換金率UPのキャンペーンも適用されるので、高換金率での現金化が実現しやすいです。
他にも使えるクレジットカードの多かったりとカード現金化CGKでもオススメのポイントはあります。

しかし、換金率周り以外にも営業時間の短さや情報が整理しきれていないので分かりづらい部分もある等残念なポイントもあり、手放しでオススメと言う訳でもありません。

これらのポイントを踏まえるとカード現金化のCGKは「情報精査もできる慎重さが求められるが、大金での現金化希望者向けにはオススメ」と評価できるでしょう。