Amazon Pay(アマゾンペイ)とは?特徴と利用する際の注意点を徹底解説!
アマゾンペイというのは、Amazonのアカウント情報を使ってAmazon以外のオンラインショップで決済を行えるサービスのことです。

Amazonの本社があるアメリカ合衆国で2013年にサービスの提供が開始され、2015年5月からは日本でも使えるようになりました。

なお、amazon会員であっても、クレジットカードの情報が登録されていないとAmazon Payを利用できません。

逆に言えば、クレジットカード情報さえ登録してあれば、Amazon会員の人は誰でもすぐに利用を開始できる便利なサービスです。

しかも、利用時に手数料などは一切かかりません。

Amazonの公式サイトからカテゴリー別に対応ショップを検索できるので、興味がある人は、まずは検索だけでもしてみるのがオススメです。

【2022年版】ギフト券買取おすすめ人気店舗業者

Amazon関連のサービスをよく利用する人にはオススメ

そんなアマゾンペイを利用する最大のメリットは、Amazon Pay対応ショップでの買い物であれば、初めての利用で、そのショップの会員IDを持っていない状態であっても、個人情報をわざわざ入力することなく最短2クリックで決済を完了させられるところにあります。

初めて使う、あるいは頻繁に使わないオンラインショップなどでは、商品購入時に氏名や配送先、さらには支払い方法の選択などさまざまな情報の入力がいちいち必要です。

ショップによっては会員登録せずに商品を購入できない、というのもよくあることです。

一方で、Amazon Pay対応ショップであればそのような手間をかけずして、買い物することができます。

Amazon Payは個人情報が漏洩するリスクを軽減できる

このようにアマゾンペイに対応しているショップは、新たに会員登録をせずして利用することができます。

そのため、Amazon Payを利用すれば、新たなECサイト利用時にも新しくログインIDやパスワードを管理する手間が一切生じません。

必要なのは、これまでにも使っていたAmazonアカウントのIDとパスワードの管理だけで済むためです。

また、会員登録先が増えるということは、自分の個人情報を持っている企業の数が増えることを意味しています。

つまり、会員登録をせずしてそのサービスを利用できるということは、個人情報が漏洩するリスクを軽減できるというメリットもあります。

Amazon Pay利用時に、個人情報やクレジットカードの情報がショップに渡ることはないためです。

Amazon Payで支払いをおまとめすることで一元管理ができる

アマゾンペイで支払いを統一すると、いつどこで何をいくらで購入したかなどの、商品の購入に関する情報を何もせずとも一元管理できるところもメリットです。

なお、Amazon Payの購入履歴は、専用サイトにログインし「注文履歴の確認」タブをクリックすると、詳細を確認することができます。

ちなみに、Amazon Payの実店舗対応は2018年にスタートしたものの、2022年1月31日をもって終了している点には注意が必要です。

現状は実店舗で利用できるサービスではないものの、利用できるオンラインショップの数は年々増えています。

Amazonユーザーにとっては、十分に利用する価値のあるサービスと言えます。

Amazon Mastercardで決済することを忘れずに!

アマゾンペイで決済した場合、その際に利用したクレジットカードにはいつも通りポイントがつきます。

ただ、利用したショップが独自に設定しているポイントやAmazonポイントは基本的に付与されません。

ショップ独自のポイントを貯めたい場合やリピート購入を検討している場合、利用は計画的に行う必要があります。

ただ、Amazon提携で発行されている「Amazon Mastercard」を使ってAmazon Payで決済した場合、Amazon以外のオンラインショップでの買い物にもAmazonでの買い物時と同じポイント率が適用されます。

Amazon Payでの買い物を定期的に行う予定がある人は、Amazon Mastercardを決済カードとして設定するのがオススメです。

Amazon Payで決済完了すると取り消しを行うことができない

一度アマゾンペイで決済を完了させると、基本的にその取引を取り消すことができない点にも注意が必要です。

Amazon Payを使って行った注文をキャンセルしたい場合、利用したオンラインショプに直接問い合わせる必要があります。

また、Amazonでの買い物時とは違い、基本的に不良品の返品や交換などの対応は、購入した店舗が掲げている規則が適用されるのが原則となっています。

ただ、注文した商品が手元に届かなかったり、身に覚えのない請求をされた場合、Amazonに対して請求の異議申し立てを行い、認められればAmazonから返金を受けられます。

Amazon Pay利用時の買い物でトラブルに巻き込まれたときには、すぐにAmazonの公式サイトの記載内容を確認しましょう。

Amazon Pay(アマゾンペイ)まとめ

Amazon Pay(アマゾンペイ)は、Amazonのアカウント情報を使ってAmazon以外のオンラインショップで買い物をできるサービスです。

そのため、いちいち個人情報を入力せずとも新しい店での買い物ができ、新たにログインIDやパスワードを管理する手間も生じません。

さらに、購入履歴を一元管理できるところもAmazon Payを利用するメリットです。

ただ、「Amazon Mastercard」を使わない限りAmazonポイントが付与されることはありません。

また、ショップ独自のポイントは基本的にもらえません。

さらに、一度決済が完了すると、基本的にその取引を取り消すことができない点には注意が必要です。

【2022年版】ギフト券買取おすすめ人気店舗業者

以上、Amazon Pay(アマゾンペイ)とは?特徴と利用する際の注意点を徹底解説!…でした。