翌月払いで電子マネーにチャージができる後払いチャージは、クレカを持っていない人でも利用する事ができます。

給料日まで手持ちの現金が少ないといった時にも使えます。

後払いチャージを使う際には、この機能に対応している必要があります。

支払い方法は、銀行振込や口座振替やコンビニ払いなどのいずれかの方法に対応しているので支払い易い環境が整っています。

後払いチャージは電子マネーを一層便利に使える仕組みであり、ユーザーがこのサービスを使う事で、商品を購入した代金の支払いをする期日を実質的に延ばせる事になります。

【2022年版】後払い現金化おすすめ人気店舗業者

後払いチャージに対応している電子マネーには、どのようなものがあるのか

後払いチャージに対応しているサービスは、結構存在しています。

バンドルカードやKyashやBANKIT、PayPayやメルペイスマート払いなどがあるので、有名な電子決済サービスの多くで後払いチャージができます。

キャリア決済も翌月に支払いができるものですが、電話料金に合算されて支払いが請求されるスタイルです。

どの支払い方法で支払いができるのかは、店舗によって違います。

キャリア決済と後払いチャージを併用するといった使い方をすれば、日常的な買い物での支払いの効率化がより高められます。

楽天ペイやQUICPayなどのサービスは、クレカを紐付けて翌月払いができるタイプです。

こちらのタイプに関しては、クレカを持っていても、使い過ぎを防ぎながら翌月払いをしたいといった時に重宝します。

後払いチャージには、クレカを使ったり、使わなかったりと様々な支払い方法があるので、ユーザーの事情に応じて使っていくと良いです。

後払いチャージは、基本的に審査ナシで使える

後払いチャージを使うと、基本的に審査に通過しなくても使えます。

デビットカードやプリペイドカードは、銀行口座に紐付けたり、予め何らかの方法で現金をカードにチャージしておく必要があります。

この場合、銀行口座や手持ちで現金が無ければ、チャージをする事ができません。

一方で、後払いによる補充は限度額が設定されていますが、チャージする現金が無い場合にチャージをして翌月チャージ分の料金を支払う事で、支払い時に困らない事が利点です。

銀行振込やコンビニ払いや口座振替に対応している後払いチャージであれば、審査を受けずに使えて、審査の事を気にしなくて済みます。

クレカは便利なサービスですが、利用するにはカード会社の審査を通過しなければ、契約してカードを発行してもらえません。

しかし、後払いチャージ対応の電子マネーであれば、使い勝手はクレカに近く、手持ちの現金が無い時の買い物の支払いの助けになるでしょう。

様々な企業からサービスが提供されているので、選択肢は豊富です。

後払いチャージを使う時に気をつけるべき事とは

便利に買い物ができるようになる後払いチャージを使う時に、気をつけておくべき事があります。

サービスを契約する時に基本的には審査はありませんが、セキュリティや支払いの為に、本人確認書類が求められます。

運転免許証や健康保険証やマイナンバーカードなどが本人確認書類として使えるので、事前に用意しておきます。

チャージした分を支払いする時には、支払い期日が設定されて請求されます。

その期日までに必ず支払う必要があり、もし、支払わなければ、利用停止になってしまいます。

期日を超過した場合、サービスの機能制限がされる事があります。

更に数ヶ月支払いができなかった場合は、コンビニ払いなどでの支払いができなくなってしまい、会社によっては督促の形で請求される可能性が出てきます。

後払いチャージを使う時には、確実に支払いをするようにしなければいけません。

後払いチャージは、どういったシーンで使うと良いのか

電子マネーが使える店舗であれば、後払いチャージは使えます。

電子マネーの基本的な機能に依存するので、ユーザーが使う電子マネーがどの店舗で使えるのかは公式サイトや店舗の掲示物で確認しておくと良いでしょう。

後払いチャージは買い物で使うだけでなく、飲食店などを使った時の料金を支払うのにも使えます。

電子書籍サイトやゲームプラットフォームなどでダウンロードコンテンツを購入する時にも使用できる場合もあります。

クレカを持っていなくても、実店舗やオンラインショップなど様々な場所で使え、翌月に支払えるのが後払いチャージの良いところです。

一方で、支払いに使えないのが月額料金や税金や公共料金などのように毎月の支払いが発生するようなサービスへの支払いです。

こういった物を支払うのには向いておらず、この点はクレカとの大きな違いと言えるでしょう。

後払いチャージは電子マネーサービス次第で使いどころが違ってくる

後払いチャージは、電子マネーで翌月払いを実現する仕組みです。

最近では、多くの企業が、この機能に対応するようになってきており、クレカを持っていなくてもクレカ感覚で買い物ができます。

使ったチャージ料金は、コンビニ払いや銀行振込など現金で支払いをする事になります。

期日までに支払いをしなかった時には、サービスの利用の制限や停止がされてしまうので、確実に支払いをしていく事が大切です。

電子マネーの1機能である為、基本的には電子マネーが使える店舗やサービスで使う事が可能です。

手元に現金が無くてチャージができないといった時に、後払いチャージサービスは活躍してくれます。

プリペイドカードやデビットカードもチャージをする事で買い物ができますが、後払いチャージはキャリア決済やクレカ紐付けでの電子マネー利用に近い使い方が行えます。

クレカでオンライン決済をしたくないといった人が一定数いますが、そのような人も翌月に支払えるようにし、安心してネットショッピングを楽しめるようになります。

【2022年版】後払い現金化おすすめ人気店舗業者

以上、後払いチャージ最新おすすめカードの使い方や審査など決済サービス…でした。