amazonギフト券のチャージタイプ方法で買取率に差が出てくる!

amazonギフト券にはチャージタイプと呼ばれるものがあります。

チャージタイプのamazonギフト券はamazonのアカウントを開設していれば誰でも購入可能で、チャージした金額をそのままamazonでの買い物に使用することができます。

amazonギフト券のチャージ方法はクレジットカード・コンビニレジ払い・ATM入金・ネットバンキング振込・電子マネー決済の5種類です。

amazon公式サイトのチャージページにはクレジットカード以外は「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」と支払い方法がまとめて記載されているだけで、個別の具体的なチャージ方法は自分で調べていく必要があるので注意しましょう。

また電子マネー決済でチャージを行なった場合はamazonポイント還元が受けられないなど、使い勝手にも違いがあります。

【2022年版】ギフト券買取おすすめ人気店舗業者

amazonギフト券のチャージ方法の選び方

amazonギフト券のチャージを行うには、事前にamazonのサイト上もしくは公式アプリ内でチャージの手続きをする必要があります。

公式サイトや公式アプリのアカウント画面から「ギフト券残高にチャージする」を選択すると、チャージタイプamazonギフト券への直接入金画面へと進みます。

チャージしたい金額を指定したあと、クレジットカード番号を入力すると決済手続きが行われて即座にチャージが完了します。

クレジットカード以外のチャージ方法を選びたい場合には「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」の方にチェックを入れて進みましょう。

するとamazonからメールが送られてくるので、そこに記載されている「お支払い方法別の手順」というリンクをクリックしてさらに支払い方法を選択する画面へと進みます。

そこで「コンビニでのお支払い」「銀行でのお支払い」「電子マネーでのお支払い」のいずれかを選択しましょう。

amazonギフト券のコンビニでのチャージ方法

amazonギフト券のチャージ手続きでコンビニでのお支払いを選んだあとは、実際に利用するコンビニを指定することになります。

現在利用可能なコンビニは「ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・セイコーマート・デイリーヤマザキ・セブンイレブン」の6社です。

このうちローソンとミニストップでは注文画面に表示されるQRコードと店頭に置かれたLoppiなどの端末を使って支払いを行います。

QRコードを端末にかざして発券されたレシートをレジに持っていくとチャージ完了です。

ただしレジでは現金払いしか受け付けていないので注意しましょう。

セブンイレブンではQRコードによるレシート発行は必要なく、スマホの画面に表示されるバーコードを店員に直接読み取ってもらうことで支払いを済ませることができます。

ファミリーマートなどそれ以外のコンビニでは表示される「お客様番号」と「確認番号」の2つを端末に手動で打ち込んだり店員に確認してもらう必要があります。

amazonギフト券の銀行でのチャージ方法

ATMとネットバンキングでamazonギフト券のチャージをする場合は、どちらもメールのリンク先にある「銀行でのお支払い」から対応するATMやネットバンキングを持つ銀行名を選択します。

選択に表示されない銀行のATMやネットバンキングを利用することはできないので、使いたい銀行がなかった場合は別のチャージ方法を検討しましょう。

ATMでもネットバンキングでも支払いの際には「お客様番号」と「確認番号」の2つを手動入力することになります。

スマホの場合はスクリーンショットなどで保存をするようにしましょう。

手書きでメモを取るのは写し間違いの可能性が上がるのであまりお勧めできません。

ATMもネットバンキングも銀行によって実際の操作は多少変化するため、それぞれのチャージ方法について事前に確認を取っておくようにしましょう。

電子マネーを使ったamazonギフト券のチャージ方法

電子マネーを使ってのamazonギフト券のチャージ方法には2種類あります。

通常は支払い方法のメールが送られてきたあと決済に利用したい電子マネーを選択して手続きを行います。

ただし指定できるのはモバイルSuicaや楽天Edyなど一部の電子マネーのみとなっています。

また電子マネーでチャージを行なった場合、5000円以上のチャージ時に発生するポイント還元が受けられなくなるデメリットがあります。

電子マネーでの通常チャージは、現金を用いずにサービス間でお金の受け渡しをするようなイメージで考えるとわかりやすいでしょう。

もう一つの電子マネーでのチャージ方法は、コンビニ支払いを指定しておいてレジでの支払い時にそのコンビニと連動した電子マネーを使うというものです。

この方法は以前はポイントの二重取りのためによく利用されていましたが、最近はポイント還元の条件が現金のみとなったため限定的なチャージ方法となっています。

クレジットカードでのamazonギフト券チャージ方法

クレジットカードでのamazonギフト券チャージはもっともシンプルなチャージ方法となっています。

普段のネットショッピングと同じようにクレジットカード番号を使って決済をするだけなので、クレジットカードに慣れている人であればチャージ方法で戸惑うことはないでしょう。

ただし普通にクレジットカードで買い物をするのではなく一旦amazonギフト券にチャージを行うメリットはあまり大きくありません。

しかしamazonが発行しているクレジットカードには、そのカードでチャージをするとポイント還元率がアップする施策が用意されています。

そのためamazonのクレジットカードを持っている人は積極的にクレジットカードによるチャージ方法を利用するようにした方がいいでしょう。

amazonギフト券のチャージ方法と買取についてのまとめ

チャージタイプのamazonギフト券には様々なチャージ方法があります。

しかしその全てが利用者のアカウントに紐付いた形で行われることには変わりありません。

基本的に他人のアカウントにチャージを行なったり、チャージタイプのamazonギフト券だけを買取に出すといったことはできないので気をつけましょう。

amazonギフト券にはチャージタイプだけでなく、物理的なカードタイプやコードのみを発行するメールタイプなどもあります。

チャージタイプ以外のamazonギフト券には買取に出したり他人に譲渡するといった別の使い道があるので、利用方法が明確に決まっていない場合はチャージタイプ以外のamazonギフト券を購入するようにしましょう。

【2022年版】ギフト券買取おすすめ人気店舗業者

以上、amazonギフト券のチャージタイプ方法で買取率に差が出てくる!…でした。