itunesカード現金化を安全性重視で行うなら必ず業者を利用した方がいい

itunesカードを現金化する際は安全性に注意

itunesカードはiPhoneやiPadで使うアプリを購入したり、App Storeのゲームで課金を行うことができるプリペイドギフトカードの一種です。

iTunes経由で音楽や映画を購入することにも使えるため、Apple系のサービスを使っている人によっては利用価値が非常に高いギフトカードとなっています。

しかしギフトとして贈られたり購入したものの使い道がなくなってしまったitunesカードは、そのままではまったくの無駄になってしまいます。

そのため使っていないitunesカードは一旦現金に戻してしまうのが得策です。

これをitunesカードの現金化と呼びますが、実はitunesカードは考えなしに現金化してしまうと問題が発生することがあります。

Appleは現金に戻すことを前提にitunesカードを販売してはいないため、itunesカードを現金化すると規約違反としてアカウント停止といった重い処分を受けてしまうこともあり得ます。

そうした事態を避けるためには、安全にitunesカードを現金化する方法を知っておく必要があるでしょう。

【2022年版】ギフト券買取おすすめ人気店舗業者

itunesカードの現金化を安全に行う方法と換金率

itunesカードを現金化する方法そのものはいくつもありますが、その中で本当に安全な現金化を実行できるのはごく僅かな方法だけとなっています。

また、安全にitunesカードを現金化することと引き換えにほとんどの方法では額面そのままの金額に戻すことはできないと考えておきましょう。

たとえば額面金額が1万円のitunesカードであっても、現金化をすると手元にやってくるお金は80〜90%程度になってしまうことも珍しくありません。

こうしたitunesカードを現金化した際の額面と実際に受け取るお金の差額は、換金率や買取率といった数字で表すことができます。

itunesカードを現金化する時は安全な方法であると同時に、換金率・買取率がなるべく高い方法を選ぶようにしましょう。

知人への譲渡でitunesカードを安全に現金化する

itunesカードを現金化する方法のうち、もっとも安全で簡単なのは知り合いにitunesカードを売ってしまうことです。

知人や家族であれば額面通りの金額と引き換えてもらうこともできるので、その場合の換金率は100%ということになります。

itunesカードは元々ギフトを目的としたカードであるため、個人間で譲渡をすること事態には何も問題は発生しません。

直接お金を受け取るのが難しい場合であっても、食事を奢ってもらうといった形で間接的な現金化をすることも可能でしょう。

ただしこの方法は繰り返し利用できるものではない点には注意が必要になります。

たとえば他の課金手段を持っていない家族の代わりにitunesカードを購入して、それを渡すたびに代金をもらうといった特別な事情がない限りは基本的に1回限りの現金化方法となります。

第三者への売却でitunesカードを安全に現金化する

知人や家族ではなく見知らぬ第三者にitunesカードを売却して現金化するという方法もあります。

しかしこの方法は安全性の面でかなり問題が多いため、あまり推奨される方法とは言えないでしょう。

特にSNSやフリマアプリなどのネットを通じてitunesカードの買い手を探すのは危険です。

まず第一に第三者とトラブルになった場合、完全に自己責任で対処する必要があります。

次にネット上でitunesカードの取引をするのはAppleに発覚する可能性が非常に高く、アカウント停止といったペナルティの恐れが一気に高まることになります。

大手のフリマアプリやネットオークションはすでにitunesカードの出品自体を規約違反に指定していることも多いので、出品した段階でそのサービスからペナルティを受けることにもなるでしょう。

そうした問題を避けながら安全に第三者の買い手を探すには、itunesカードなどの金券取引を仲介する専門の金券サイトを使う必要があります。

現金化業者を使ってitunesカードを安全に現金化する

安全にitunesカードを現金化する方法の中でも汎用性が高いのはギフトカードの買取を専門に行なっている業者を使う方法になります。

ただし駅前などにある大手の金券ショップではitunesカードの買取を行なっていないので、現金化のためにはネット上の専門業者サイトに申し込みをする必要があります。

ネットの買取業者サイトは数も多く、安全性や換金率に関しても業者ごとに差があります。

初心者が業者サイトの安全性を自力で判断するのは難しいため、利用者の多い有名な業者を選ぶようにするのがコツと言えるでしょう。

しかしそうなると換金率については一定の妥協をするしかなくなるので、ネットの専門業者を使ったitunesカード現金化は換金率よりも安全性やスピードを重視する人におすすめです。

自分で安全にitunesカードを現金化する方法

他人に譲ったり業者に売るのではなく、自分自身で安全にitunesカードを現金化する方法も存在します。

基本的にitunesカードで購入可能なのは実体のないデータであるため、itunesカードで購入したものをそのまま転売して現金化することはできないようになっています。

しかし一部のデータはそこからさらに商品に変換することができるので、それをまた転売することで最終的に現金化することが可能です。

例えばアプリゲーム内でitunesカードを使って課金してから、そのゲームアカウントを売却するという方法があります。

ただゲームアカウントの売却そのものがグレーゾーンであるため安全性は低い方法と言えるでしょう。

狙い目になるのはポイ活系のアプリで、課金要素を使いながら現金化できるポイントを増やしていくと地道に安全な現金化を達成することができます。

とはいえ長い時間がかかってしまうので、あくまで片手間として行うのが現実的と言えます。

itunesカードの現金化を安全に行う方法のまとめ

itunesカードを現金化する方法は主に4種類となっています。

このうち知人に現金で譲る方法や第三者に買い取ってもらう方法は、換金率こそ高くなりますが安全性や確実性という面ではかなり不利になると言えるでしょう。

また自分自身で現金化する方法は安全に気を配ると非常に長い時間がかかってしまいます。

そのためitunesカードを安全に現金化するには、専門業者に買い取ってもらうのがもっとも現実的な方法となります。

専門業者の換金率はどうしても低めになってしまいますが、初回利用時のキャンペーンなどを利用することで換金率を90%以上にすることができる場合もあります。

安全性についても専門業者にはAppleにバレない形でitunesカード現金化を行う十分なノウハウがあるので、安心して買取を任せることができるでしょう。

【2022年版】ギフト券買取おすすめ人気店舗業者

以上、itunesカード現金化を安全性重視で行うなら必ず業者を利用した方がいい…でした。