itunesカード現金化は違法なの?現金に換える前に認識しておきたいこと

itunesカードの現金化を考える場合、自身が所有しているものを売却して現金にすることと何も変わりがないことを念頭に置いてください。

それはまったく違法ではなく、多くの人が無意識に日常生活で行っていることです。

itunesカードの現金化もこれと同じなので決して違法ではありません。

なので、どんどんやっても構わないのです。

と言いたいところですが、違法ではなくてもカードを発行しているアップルの規約に違反することがあります。

アップルではitunesカードを現金に換えることを認めていないため、アップルにバレるとそれ相応のペナルティが科せられることになります。

一番見られるのがアップルのスマートフォンの利用停止措置ですが、これをされると現代の人間にとってはかなり大きなダメージとなるのではないでしょうか。

今ではスマホなしでは生きていくのが難しいとも言われていますので、避けなければならないことの一つです。

【2022年版】ギフト券買取おすすめ人気店舗業者

itunesカード現金化は違法ではないが、いくつかの危険がある

上述の通り、itunesカードを現金化することは違法ではありません。

アップルの規約に違反する可能性があることもそうですが、その他にもいくつかの危険が伴うため頭に入れて置く必要があります。

まずはクレジットカードの利用停止についてです。

クレジットカードのショッピング枠でitunesカードを手に入れてそれを売却することで現金にすると、カード会社がこれは怪しいと目を付けることになります。

カード会社はクレジットカード現金化を違反としていますので、カードの利用を停止させられることもあるのです。

また、違法ではないからと現金化しようと買取サイトを利用した場合悪質な業者に騙される危険もあります。

カードのコードだけを騙し取られていつまで経っても入金されない、というケースも多く見られますので注意しなければなりません。

itunesカード現金化は違法ではないものの

違法ではないitunesカードの現金化ですが、場合によっては違法になるという人もいます。

それは、後払いでカードを購入した場合です。

通常先払いでカードを購入すると、お金を支払った時点でカードは購入者の所有物となります。

しかし後払いは自分でお金を支払ったわけではなくあくまでもクレジットカード会社などが支払ったに過ぎないので、購入者のものにはなっていないと考えます。

自分のものではないカードを買取に出したということでトラブルになることもあるよ!というわけです。

これがどのくらい信憑性があるかは何とも言えませんが、カードを購入する際に先払いなのか後払いなのかを意識するようにしましょう。

itunesカードを現金化する際に気を付けること

後払いでの現金化は違法になる可能性もある、というのはここでは置いておいて現金化をする際に気を付けることを解説していきます。

まずは、違法ではないからといって大量にitunesカードを購入しないことが挙げられます。

大量に仕入れて売却して現金を手にしようと考えている人もいるかもしれません。

買取サイトからこれといって疑われることはないでしょうが、クレジットカード会社あるいは携帯会社から現金化を疑われることがあります。

携帯会社から疑われるというのはキャリア決済でitunesカードを手に入れると起こることで、最悪の場合携帯電話を使えなくなることもあります。

大量がどのくらいなのか人それぞれ感じ方は違うでしょうが、最初は少しずつ購入して様子を見ていくというのも一つの手です。

また、事前にどれくらいの換金率になるかを把握しておかなければなりません。

一般的にitunesカードを買取に出すとその換金率は70%程度だと言われています。

1枚だけでこの率ですが、枚数が増えればそれだけ自己負担率は増えてしまいます。

自己負担が増えてまで買取に出しても良いものかどうか、自分で理解しておく必要があります。

さらに、買取サイトを良く調べずに選ぶのも危険なためしっかりチェックすることも挙げられます。

サイトを運営している会社の住所や代表者名、電話番号などが確認できるかを公式サイトなどで見ておくようにしましょう。

古物商営業許可証を取得している業者は優良だと言えますので、換金率や振り込みスピードよりもこちらを重視してサイトを選ぶのも悪くはありません。

itunesカード現金化をする前に様々なことを理解しておこう

ここでも紹介したようにitunesカードの現金化は違法ではありません。

実際、何度も繰り返し行っている人が多くいます。

itunesカードの現金化について調べると、違法だという書き込みも見かけますが、法律には触れないので安心しましょう。

ただし、後払いでのカードの購入の場合には違法になるかもしれないことや一度に大量のカードを購入するのは危険なこと、自己負担もそこまで少なくないことなど事前に理解しておくべきことも多いです。

もしかしたら今後、違法になる可能性もなくはないため日頃からニュースには目を通しておくことも大切です。

これまで様々に解説しましたが、itunesカードの現金化は違法ではないもののいくつかの注意点がある、このことを忘れないでおけば楽しい現金化ライフが送れるでしょう。

【2022年版】ギフト券買取おすすめ人気店舗業者

以上、itunesカード現金化は違法なの?現金に換える前に認識しておきたいこと…でした。