アイペイを運営するのは創業14年を超えるとされる会社です。

住所情報によると東京都渋谷区幡ヶ谷1丁目にあるオフィスビル3階に事務所を持っているとされています。

ただしこうした後払い現金化業者では安全性のためにレンタルオフィスや番号貸しサービスを利用した電話番号を掲載することもあるので、それだけで信頼性を判断することはできません。

実際にメールアドレスはGmailのものとなっているため、少し注意が必要でしょう。

ただし経営者名もしっかりと記載されているなど全体的にホームページ内の運営会社情報は充実していると考えて良さそうです。

【2022年版】後払い現金化おすすめ人気店舗業者

アイペイだけの3つの特徴

・複数の後払いアプリを使った現金化ができる

・最短5分から即日入金での現金化が可能

・貸金にはならないため金融ブラックでも使える

アイペイの後払い現金化の仕組みと方法

アイペイでの現金化には「後払いアプリ」と呼ばれる別サービスを利用することになります。

対応する後払いアプリのうち代表的なものは「Paidy・バンドルカード・メルペイ」などとなっています。

どれも有名通販サイトなどで大きな実績のある後払いアプリであるため、アイペイでの現金化を目的とするまでもなく使っている人も多いことでしょう。

またクレジットカードとは違い後払いアプリには利用に際しての審査がほとんどないため、クレジットカードを持てない人にも向いています。

アイペイのホームページから申し込みをして現金化したい金額を伝えると、簡単な本人確認などの手続きのあとに指定の後払いアプリでの買い物を指示されます。

そこで決済を行うと数分後には指定口座に現金が振り込まれることになります。

支払いは使用した後払いアプリの決まりに従って行うことになるため、支払い期日までに別に現金を用意して引き落としに備えるようにしましょう。

アイペイで後払い現金化をするメリット

アイペイでの後払い現金化にはいくつものメリットが存在します。

一番わかりやすいメリットとなるのは、借金以外の方法で現金を調達できるという点になるでしょう。

借金の情報は信用情報機関を通じて全ての銀行や貸金業者に共有されてしまうため、一度ブラックリストに登録されてしまうと数年間は新たに借金することは不可能になります。

しかしアイペイの現金化はその仕組みの外にあるため、誰でも新しく現金調達を行うことができます。

他のメリットとして、後払いアプリという外部サービスを利用することで決済時の安全性が高まる点も見逃せません。

特に現金化業者に直接決済情報を教える必要がないのは、現金化利用のハードルを下げることになります。

また後払いアプリ側の規制によって一度に利用できる金額に制限があるのも、少額を抑制的に現金化したい人にはメリットとなるでしょう。

一方でまとまった金額を一気に現金化したい人には、アイペイはあまり向いていないことになります。

アイペイの利用手順と必要になるもの

アイペイの利用にはまずホームページにあるメールフォームからの申し込みを行う必要があります。

この段階で使いたい後払いアプリを選択することになりますが、メルペイの場合はクレジットカードの項目から「バーチャルカード」の番号を入力することになるので注意しましょう。

銀行系のデビットカードを使いたい場合にも同じようにクレジットカード番号を使います。

それ以外の後払いアプリや後払いサービスを利用する場合はその名前を、プリペイドカードを使用する場合はその番号を入力しましょう。

利用希望金額は「3万円未満・3万円以上」の2択になっていますが、アイペイの利用最低金額は3万円からなのでこれは実質的には利用の意思確認項目です。

後払いアプリのショッピング残高も当然ながら3万円ぶん以上残っている必要があります。

申し込み後はアイペイから連絡がくるので、そこで具体的な利用金額を決めて指示する通りに後払いアプリによる決済を行いましょう。

本人確認に必要な書類は名前と年齢を確認するための身分証になります。

アイペイで後払い現金化をする際の注意点

アイペイの後払い現金化では、現金化できる金額の上限や決済のタイミングなどが後払いアプリの方に依存するという問題があります。

基本的に後払いアプリの多くはあまり高額の決済ができないように制限をかけているため、アイペイの現金化もその上限に引っかかるということを意識しておきましょう。

ただし複数の後払いアプリを使うことで擬似的に上限を超えて現金化をすることは可能になります。

その際はアイペイ運営側に細かく相談しておくようにしましょう。

また後払いアプリがメンテナンスなどによって利用できない時は現金化までのスピードも遅れることになります。

即日の現金化を希望している場合はアイペイ側の対応だけでなく、利用予定の後払いアプリの状況もしっかり確認しておく必要があるでしょう。

アイペイに関するよくある質問

土日や祝日の現金振込は可能ですか?
ネットバンクやゆうちょ銀行であれば対応可能となっています。基本的に銀行側のシステムに依存するため、振込に指定したい口座の土日対応状況は確認しておくようにしましょう。
本人以外の申し込みでも利用可能ですか?
不正利用防止や未成年者の利用防止の観点から本人確認を厳重に実施しています。そのため身分証は名前と年齢がしっかり確認できるものを提示するようにしましょう。
利用可能な限度額はありますか?
アイペイの現金化限度額は後払いアプリの利用可能額がそのまま反映されます。
アイペイの後払い現金化は借金とどう違うのですか?
後払い現金化は後払いアプリで買い物をした金額に応じて現金を振り込み、後日に後払いアプリの引き落としを通じで現金を回収するというシステムになっています。業者と利用者が直接的にお金の貸し借りをするわけではないので借金には当たりません。ただし引き落としの際には手数料ぶんが利子と同じように上乗せされる形となるため、利用実態としては貸金に近いことは認識しておくようにしましょう。
直接お店で現金化をすることはできますか?
アイペイは完全ネット型の現金化サービスとなっています。店舗維持などに使う費用を利用者還元に回しているため、現在の換金率はネット申し込み前提のものとなっています。

アイペイについての口コミ

「アイペイの後払い現金化、いつの間にかメルペイも使えるようになってたみたい。

メルペイは他のアプリよりも使い勝手がいいんでこれから便利になりそう」(30代・男性)

「AmazonがプッシュしてるPaidyで現金化ができるのがアイペイの最大のメリットだと思う。

後払い自体のハードルが低くないと現金化なんて余計使いにくいから」(20代・匿名)

「Kyashuよく使ってた頃に一度アイペイ使ったなぁ。

後払いで現金化って面倒な感じするんだけど業者に直接渡す個人情報が少なくて済むんでその点では気軽」(30代・男性)

「アイペイのような後払い現金化サービスは素人が手を出すと引き落としで詰むからやめておいた方がいいですよ。

キャッシュフローを自分で工夫できる人にはまあ便利なんだけど、実態としてはそりゃ問題多いから」(情報掲示板)

アイペイの評判についてのまとめ

アイペイは様々な後払いアプリに対応する現金化業者として、かなりの人気を集めています。

特に有名後払いアプリの多くをそのまま使うことができるため、アイペイで初めての現金化に挑戦する人も多くいるようです。

ただしアイペイの後払い現金化は通常のキャッシングと比較してもかなりリスクの高い設定となっています。

「10万円以下の利用時に82%」程度という換金率のみを目安に利用すると計算違いを起こしてしまうこともあるので、現金化の仕組みについて詳しく調べてから使うようにしましょう。

他にも後払いアプリごとの特性やキャンペーンなども合わせて調べておくと、少しお得に現金化を利用することができるでしょう。

【2022年版】後払い現金化おすすめ人気店舗業者

以上、アイペイは無審査来店不要の後払いアプリ!安心と信用で現金化できます!…でした。