どこかの企業の株主になると、定期的に株主優待券をもらうことができます。

これを持つと普通より安く買い物ができたり、安く旅行に行けたりするため多くの人が優待券目当てに株主となっています。

その反面、株主優待券を買取に出す人もいるのです。

そもそも、株主優待券は売ることができるでしょうか。

【2022年版】ギフト券買取おすすめ人気店舗業者

株主優待券の売り方

せっかく手に入れた株主優待券の売り方はいくつかあります。

まずは金券ショップに買取に出す方法です。

基本的にどのような優待券でも買ってもらえますが、場合によっては価格が極端に下がってしまうものもあります。

例えばそこまで需要のない優待券や在庫が多く残っているものです。

関西地方でしか使えないような優待券も関東地方では買取価格が安くなるなどの特徴がありますが、手っ取り早く売りたい人にオススメの方法です。

また、専門の買取業者を利用する方法も人気です。

しっかり査定してくれるだけでなく、店によっては不用品まで引き取ってくれるので一考してみてはいかがでしょうか。

さらに、オークションサイトやフリマアプリを利用するのも良いです。

特に最近ではフリマアプリが盛んに利用されていますし、こういったところでは価格を自分で決められるのが魅力です。

上手くやれば相場以上の価格で手放すことができますので、オススメです。

ただ、アプリの中には優待券の出品を禁止しているものがあったり少しでも高く売りたいがために高額で出品しているといつまでも売れないなど、いくつかの注意点があることも覚えておきましょう。

株主優待券を高く買い取ってもらうには

株主優待券を手に入れるのは無料ではないため、誰もが高く買い取ってもらいたいと思うことでしょう。

実は方法、コツが存在するのでここで紹介します。

まずは、早めに売るということです。

優待券には期限が決められているものがあり、当然のことですが期限までに使わないとただの紙切れとなってしまいます。

そうならないためにも、期限が迫る前に売ってしまうのがコツなのです。

期限まで1週間しかないにもかかわらず、旅行に関する優待券を買う人はあまりいないのではないでしょうか。

優待券のデザインも高く売るために意識しなければならないことです。

例えばクオカードですがこれは市販のものとその企業オリジナルのデザインのものがあります。

どうしても後者の方が価値があるように思えてしまいますが、実際にはオリジナルほど買取価格は低くなる傾向にあるのです。

自由に選べる場合で初めから売ることと決めているのであれば、市販のデザインを選ぶようにしましょう。

最後に紹介するのは、売るタイミングについてです。

ゴールデンウイークや年末年始など、長期休暇前に旅行に関する優待券を売却するようにしましょう。

休暇中に売っても買い手はいないと考えられるからです。

日本では長期休暇の時期は毎年ほとんど同じなので、有効期限さえ注意してしまえば翌年の休暇までキープしておくなどの行動が取れます。

事実、そのようにして買取に出している人は多くいます。

株主優待券を買い取ってもらう際に気を付けること

どこに株主優待券を買い取ってもらうかや、高く売るためのコツを確認することも大切ですがそれ以上に何を気を付けるかが大事だといっても過言ではないでしょう。

気を付けることの第一は、使用条件についてです。

使用条件というのはその優待券が本人以外でも使えるのか、などのことを言います。

特に映画館の優待券はこれに合致することが多く、利用する際に本人確認も行われますので買取ができなくなっているのです。

本人限定の優待券であることを知らずに売りに出しても時間の無駄ですので、最初に調べるようにしましょう。

また、簡単なことですがしっかりと保管しておくことも非常に大切なことです。

実際、大人気の株主優待券であるため高額での買取を期待して売りに出したものの、相場よりかなり低い額で買い取られたという人も少なくありません。

しっかり保管しないことで文字が読めなくなっていたり、パスワードを隠しているスクラッチ部分が少しでも削られていると、まず間違いなく買取不可とされるでしょう。

そのため、株主優待券だからといっていい加減に放置することなくお金と同じように大事に保管しなければならないのです。

株主優待券の相場を知って、お得に売却しよう

このように、株主優待券を買い取ってもらうためには結構気を遣わなければならないのです。

まさにお金と同じで、神経質になりすぎても良いでしょう。

実際に売りに出す前に相場を知っておく必要があります。

例えば東京ディズニーランドとシーの共通パスポートの場合は2,500円から5,000円くらいで、高島屋の10%オフカード1枚が2,500円から3,000円くらいとなっています。

もちろんこういった価格は時期などによって変動するものではありますが、売ることで手に入るお金が自分にとって満足できるものであるのか、事前に確認しておくことが大切なのです。

やっぱり自分で使った方が売るよりも良いな、と思っても手続きをしてしまえば手放すことになってしまいます。

後悔しないようにしっかりとその優待券の内容を把握して、買取価格と天秤にかけた上で上記方法で買取に出しましょう。

【2022年版】ギフト券買取おすすめ人気店舗業者

以上、株主優待券買取はオークションサイトやフリマアプリ利用で取引できる…でした。