amazonギフト券を登録して残高に反映させたいならチャージタイプも利用できる

amazonギフト券を持っていれば、amazonのサイトでお得に買い物ができます。

残高に登録したamazonギフト券を買い物金額から差し引けるので、amazonギフト券の残高が多ければ、amazonギフト券だけで買い物ができるかもしれません。

しかしamazonギフト券は、持っているだけは使うことができません。

実際に使うためには、入手したamazonギフト券をアカウントに登録する必要があります。

登録して残高に表示されるようになって初めて、amazonの買い物で使用できる状態になります。

実際に登録するための流れや残高を確認する方法などを押さえて、amazonでお得に買い物ができる準備をしましょう。

【2022年版】ギフト券買取おすすめ人気店舗業者

amazonギフト券登録する際の流れや手順など

ウェブサイトからamazonギフト券を登録したい場合、どのような流れになるのでしょうか。

まずはamazonのサイトにアクセスし、登録したアカウントでログインします。

次にアカウントサービス画面から、「amazonギフト券」のメニューを選択します。

そしてamazonギフト券を登録するのボタンをクリックすると、手持ちのギフト券を登録するための画面が表示されます。

あとはギフト券番号を入力する画面が表示されるので、そこに手持ちのamazonギフト券の番号を入力するだけです。

ギフト番号は長いので、間違いのないように入力したら、最後にアカウントに登録をクリックするだけで、手持ちのamazonギフト券が登録されて残高に反映されます。

amazonギフト券の登録はスマホアプリでやるのが簡単!

amazonギフト券はウェブサイトからだけではなく、スマホアプリからの登録も可能です。

スマホアプリから登録したい場合には、最初にamazonのスマホアプリを起動します。

次にスマホアプリの画面下にある人型のアイコンをタップしましょう。

アカウントサービスの画面が表示されるので、その中からamazonギフト券を選びます。

そしてギフト券を登録するをタップすると、登録の画面に移動できます。

このときギフト番号を入力するだけではなく、ギフトカードをスキャンする形式でも登録が可能です。

スキャンする場合、番号の打ち間違いを防ぐことが可能です。

16桁のシリアル番号を間違えないか不安、打ち込むのが面倒という場合には、利用できるならスマホアプリを起動してスキャンでamazonギフト券を登録するのも1つの手です。

amazonギフト券の残高が反映されない場合のやり方

手順に沿って登録したつもりでも、残高に反映されない場合はどのような原因が考えられるのでしょうか。

amazonギフト券の登録ができない場合、入力ミスをしている可能性があります。

16桁のギフト番号は長いので、アルファベットや数字で打ち間違いをしているかもしれません。

登録されないという場合には、ギフト番号に間違いがないかもう一度確認しましょう。

また以前登録したamazonギフト券であれば、2回登録はできないので注意が必要です。

アカウントに登録するときには、必ず未使用のamazonギフト券を登録する必要があります。

また有効期限が切れているギフト券も使えないので、有効期限に注意して使うことも忘れないようにしましょう。

amazonギフト券チャージタイプの登録は必要ない

自分用にamazonギフト券を購入してアカウントに登録したいと考えている方もいるでしょう。

そのような場合であれば、登録の手間が省けるチャージタイプのamazonギフト券を購入するのも1つの手です。

チャージタイプは自分でアカウントに登録する作業を行う必要がありません。

購入代金を支払った時点で、自動的にamazonギフト券がアカウントに登録されるので登録作業を行う手間を省けます。

またチャージタイプのamazonギフト券は、自分で好きな金額を決めて購入できます。

そのため買い物したい金額に合わせてチャージタイプのamazonギフト券を購入することで、amazonギフト券の残高だけで買い物して無駄遣いを防ぐことも可能です。

amazonの買い物が多い人にはオートチャージ設定をしておいたほうがいい

amazonで買い物をする機会が多い方は、オートチャージ設定を利用するのも1つの手です。

オートチャージ設定をすると、自動的に指定した金額が残高にチャージされます。

アカウントの残高が下回ったとき、設定した金額が残高に自動でチャージされるので、何度もamazonギフト券のチャージをする手間を省けます。

amazonギフト券のオートチャージは、一定の金額を下回ったときに自動的にチャージできる設定だけではなく、毎月決まった日にちに設定した金額をチャージすることも可能です。

また自動的にチャージされると、ついamazonで買い物をしすぎてしまう方もいます。

残高とチャージした金額を確認し、必要以上に使いすぎないように注意しましょう。

amazonギフト券の登録や残高チャージなど便利な機能も活用したい

amazonギフト券を所有している場合、持っているだけだとamazonの買い物で使うことができません。

実際にamazonギフト券を使うためには、登録してアカウント残高に反映させる必要があります。

登録はamazonのウェブサイトだけではなく、スマホアプリを使って行うことも可能です。

スマホアプリではギフト券番号を入力する方法だけではなく、スキャン機能を使って登録も可能です。

また自分でamazonギフト券を購入するのであれば、支払い後すぐに残高に登録されるチャージタイプを選ぶのも1つの手です。

頻繁にamazonで買い物する方であれば、自動的にamazonギフト券の残高にチャージができるオートチャージの機能を使うのも選択肢の1つです。

【2022年版】ギフト券買取おすすめ人気店舗業者

以上、amazonギフト券を登録して残高に反映させたいならチャージタイプも利用できる…でした。