amazonキンドルなら月980円で電子書籍や漫画をいつでも読める

Amazonは多岐にわたるオンラインサービスを提供していますが、amazonキンドルは電子書籍関連に特化したサービスです。

amazonキンドルとはウェブ上で利用できる電子書籍の購入・閲覧サービスも指しますが、その電子書籍を読むためにamazonが提供しているリーダーもキンドルという名称なので両方の意味で用いられることがあります。

amazonキンドル以外にも電子書籍サービスはありますが、amazonキンドルにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

サービスの特徴について紹介した上で、amazonギフト券を持っている人にとって知っておくと役に立つポイントを説明します。

amazonキンドルお得な読み放題サービスが魅力的

amazonキンドルの利用者の間でも高い人気があるのが読み放題サービスであるKindle Unlimitedです。

Kindle Unlimitedはamazonの会員として登録した上で月額980円の支払いをすると、amazonキンドルで取り扱っている様々な書籍、漫画、雑誌などを何冊でも読めるようになります。

amazonキンドルなら月980円で電子書籍や漫画をいつでも読める

12万冊以上もの電子書籍をいつでもどこでも読み放題になるので小説好きの人も、漫画を普段からたくさん読んでいる人も、色々な雑誌に興味がある人もお得に利用できるサービスです。

どのような使い勝手になるのかを体験するための30日間は無料で利用できる仕組みになっています。

実際に使ってみると980円分以上も本を読んでいるという人が多く、申し込むとずっとKindle Unlimitedのユーザーになっているケースが目立ちます。

ただ、amazonキンドルで販売されている全ての本を読めるわけではないので、本の購入もしている人も少なくありません。

amazonキンドルは専用端末もスマホも使用できる

amazonキンドルは専用のKindleという電子書籍リーダーで読みやすいように最適化されている電子書籍を閲覧できるサービスになっています。

e-inkディスプレイという独自のディスプレイを使っているので目に優しく、紙媒体で読んでいるのと同じような感覚になれるのはKindleを使う魅力です。

サイズや機能などのバリエーションもあるため、amazonキンドルを使うときにはKindleを使用することが推奨されています。

しかし、実際には端末を購入せずとも気軽にamazonキンドルを利用してもらえるようにアプリが開発されているので、スマホやタブレットでも電子書籍を読むことが可能です。

アプリには読みやすさを調節できるようにフォントサイズや画面の明るさ、背景色などの設定機能があり、カスタマイズすればストレスなく読める端末にすることができるでしょう。

Kindleとの同期も可能なので、じっくりと読むときにはKindleを使い、辞書的に使うときにはスマホで済ませるといったことも可能です。

amazonキンドルは無料でも読めるサービスが豊富

amazonキンドルには無料で読めるサービスが豊富にあるのも特徴です。

無料で読めるようにしてしまうとamazonとしては利益がないではないかと思うかもしれませんが、無料の本を読むためにKindleを買ってくれれば利益になり、アプリをインストールしてくれれば電子書籍を買おうと思ったときに真っ先にamazonキンドルを選んでくれると期待できるでしょう。

このようなマーケティングの目的での無料サービスがたくさんあるのがamazonキンドルの魅力です。

例えば、多くの本については試し読みが可能で、最初の章や目次などを見てみることができます。

また、amazonのプライム会員ならPrime Readingという無料の読み放題サービスがあり、ラインナップは少ないものの数百冊程度の本を読むことが可能です。

シリーズものの第一巻を読めるというのはよくあるパターンで、第二巻以降も読みたいと思った人に購入してもらうのが重要な目的になっています。

amazonキンドルの人気を理解してamazonギフト券買取を利用しよう

amazonギフト券を買い取ってもらおうかと思っていた人にとってamazonキンドルのサービスはきちんと理解しておくと良いものです。

こんなサービスがあるとは知らなかったから、amazonギフト券を買い取ってもらうのはやめて自分で使おうと思う人もいるでしょう。

しかし、同じ考え方を持っている人も世の中にはたくさんいて、amazonキンドルで電子書籍をお得に読みたいと思ってamazonギフト券を手に入れようとしている人も多いのです。

つまり、amazonギフト券は買取のニーズが高く、業者も高値での買取をするようになっています。

amazonキンドルを利用するときには本を購入するときだけでなく、Kindleやスマホを購入するときにもamazonギフト券を使えます。

そのため、額面が大きいamazonギフト券のニーズは特に高く、高額で買い取ってもらえる可能性が高くなっています。

このような状況があることを加味して、自分でamazonギフト券を使うか、買い取ってもらうかを検討するのが大切です。

競合する電子書籍サービスが増えてきているので、買い取ってもらうなら早いうちに手続きを進めるのが良いでしょう。