amazonパントリーは大手通販サービスの代表格

大手通販サービスのamazonには、amazonパントリーと呼ばれるサービスがあります。

amazonパントリーは大手通販サービスの代表格

このサービスは、amazonアカウントを所有するすべての人が利用できます。

食品や飲み物やキッチンで使うアイテムなどいわゆる定番商品がamazonパントリーの対象商品となっていて、それらの商品をまとめて1箱で届けてくれるのが最大の魅力です。

普段の買い物で買うような商品を1箱にまとめてくれますから、買い物に関わる手間を減らせます。

またamazonパントリーは商品の価格が割安になっているのも、amazonパントリーならではの魅力です。

amazonパントリーの対象商品を選んで購入しよう

amazonパントリーの対象商品には、対象商品だとわかるよう商品に「パントリー」と表示されています。

このパントリーのマークを基準に、対象商品を1箱に入り切るまでどんどん選んでいきます。

対象商品を入れると1箱に入れられる使用率が表示されますが、この表示が100%以内になるまでは1箱で届けることができます。

たとえば小さくてスペースをとらない商品は使用率が低いですし、お米のように大きくてスペースをとる商品は使用率が高くなります。

どのようなバランスで注文をするのか、商品ごとの使用率をチェックしていくと選びやすいです。

ただし無理に100%まで商品を買う必要はありません。

100%以内であれば、1箱でのお届けになります。

選び終わったら普通の買い物と同じようにレジに進んで決済を済ませ、あとはパントリーの専用箱に入った商品が届くのを待つだけです。

amazonパントリーを利用する場合の手数料について

amazonパントリーを利用する場合には、基本的に1箱あたり390円の手数料がかかります。

これはamazonプライム会員であっても、残念ながら例外ではありません。

もしもこの手数料分をどうにかして安くしたい人は、まとめて買えば買うほど割引額がアップする割引キャンペーンに注目しましょう。

割引キャンペーンの内容にもよりますが、たとえば6点~8点をまとめて購入することで、ちょうど手数料分の390円を合計金額から差し引いてもらえます。

ちなみに3点~5点購入だと150円割引で、9点以上だと500円割引です。

割引額がアップする割引キャンペーンの対象商品には、このキャンペーンの対象になっていることがわかるよう商品に表示されています。

たとえば買い物をしたい時に欲しいパントリー対象商品がいくつかある場合、その点数が6点以上であればひとまず手数料分の390円は割引でカバーできるということです。

さらに9点以上だと500円割引になりますし、amazonパントリーの特徴を活かしてまとめ買いをしたほうが全体的な合計金額は安くなりやすいです。

定番商品はamazonパントリーでの注文を検討しよう

amazonで販売されている食料やキッチン用品などの生活でよく使う商品を頼んでみたいと思った時は、amazonパントリーでの注文を検討したほうが良いです。

なぜならamazonパントリーなら商品の価格がいくらか安くなっていますし、1箱で届けてもらえるので買い物における手間を最大限省けるからです。

たとえ商品を何点か買ったとしても、送られてくるダンボール箱は1箱だけです。

商品ごとにダンボール箱で梱包されていたらダンボール箱を整理するだけで一苦労ですが、1箱だけなら苦労することなく片付けられます。

またダンボール箱を無駄に使用していませんので、エコな点も魅力的です。

またamazonパントリーの場合は、シーズンごとにキャンペーンを行ったりクーポンの対象になったりなどサービスがいろいろとあります。

常にamazonパントリーを利用するわけではないにしても、amazonのアカウントがあるならamazonパントリーはできるだけ気にかけておいたほうが良いです。

amazonパントリーを有効活用して余ったamazonギフト券は買取へ

amazonパントリーを有効活用すれば、手元にあるamazonギフト券が余るかもしれません。

amazonパントリーでお得に買い物をすることでamazonギフト券を使う額が減れば、それだけamazonギフト券は余りやすくなります。

もしもamazonギフト券をamazonパントリー以外で使い切れれば余らないですが、そうでない場合はamazonギフト券が余ります。

仮にamazonギフト券が残ってしまったら、amazonギフト券買取を利用するのも考え方の1つです。

amazonギフト券をアカウントに登録する前であれば、amazonギフト券買取で買取してもらえます。

amazonギフト券買取が成立すれば、現金に換えられます。

換金率は100%ではありませんので、全額が現金になるわけではありません。

ですが現金になればamazonで使う以外にも使い道が増えますから、そのほうが良いと考える人もたくさんいるはずです。

上記で紹介した通り、amazonパントリーを有効的に利用すればamazonギフト券を節約できます。

結果的にamazonギフト券が余る可能性は十分ありますので、そうなった場合はamazonギフト券買取を行うのがおすすめです。